logo

当店について

当店について

HISTOIRE

歴史

福岡県出身の初代シェフは、1960年代、渡航が困難な時代に
情熱と志を持ち片道切符でフランスに渡り
フランス パリの「ジョルジュサンク」にて修業をしました。
1975年 横浜で創業し、35年間営業。

創業時の写真
創業時の写真

玄界灘の魚と九州の食材に惚れ込み、2010年、シェフの故郷で二代目と共に
FRANCEYA terroir de munakata~宗像食材の地産地消~として、歩み始めました。
ドミグラスソースは創業以来の味を守り続け
玄界灘産の天然魚、地元野菜の素材を活かした料理をご提供しております。
ご来店心よりお待ち申し上げております。

歴史写真
歴史写真
歴史写真
歴史写真

STAFF

スタッフ紹介

舩越 勝利

代表

舩越 勝利

MASATOSHI FUNAKOSHI

1942年、北九州市戸畑生まれ。幼少期を福岡県古賀で過ごす。1965年、23歳の時に単身渡仏。日本人渡航者が少ない時代のパリで、現在はミシュラン3つ星に輝くFour Seasons Hotel George V Paris(ジョルジュサンクパリ)にて5年間修行を積む。帰国後、冬期オリンピックを控えた北海道にてホテルの総料理長を務め、1975年に横浜で独立。FRANCEYAの前身となる「仏蘭西屋」を開店。35年間の営業後、2010年に故郷・福岡で二代目シェフと共に現在のFRANCEYAとしてリニューアルオープン。現在に至る。初代の焼く肉料理は絶品で、今でも横浜時代のお客様が遠方よりお見えになる。

舩越 清玄

二代目シェフ 兼 ソムリエ

舩越 清玄

SEIGEN FUNAKOSHI

2006年、28歳でソムリエ資格取得

1978年、神奈川県横浜生まれ。高校卒業後、リゾートホテルのレストランや東京のスペイン料理店、フランス料理店にて研鑽を重ねる。23歳の時、横浜の大手鮮魚店に転職。魚のことを一から学ぶ。ここでの経験が現在の「宗像・鐘崎漁港の天然魚を活かしたフランス料理」を提供するスタイルに大きく影響している。2010年、代表である初代シェフと共に宗像に移住。「FRANCEYAと言えば魚を使ったフランス料理」という二代目らしい新たな方向性を確立。テロワール(地産地消)にこだわりと誇りを持っている。

高尾 利枝

支配人 兼 お取り寄せ商品責任者

高尾 利枝

RIE TAKAO

1976年、神奈川県横浜生まれ。小学生の頃より家業であるレストランを手伝い、お客様へのおもてなしの心を学ぶ。現在は支配人として、お客様に心地よい空間、心地よいサービスをご提供できるよう日々レストランの運営に励んでいる。一方で、好評いただいている「グラタン・ドリア」などのお持ち帰り商品の製造は、支配人が陣頭指揮をとり、シェフとしてのテクニックを駆使して1つ1つ真心込めて丁寧に作っている。

舩越 貞子

グランドマダム

舩越 貞子

TEIKO FUNAKOSHI

1947年、北海道生まれ。横浜での創業時より明るい笑顔でお客様への接客を担当し、初代シェフを支えてきた。2010年に宗像へ移転後もホールに立ち、皆さまへのサービスを率先して担当している。和やかな雰囲気と明るい接客が評判で、グランドマダムのファンはとても多い。

スタッフ紹介

ACCESS

アクセス

〒811-3502 福岡県宗像市江口800

道の駅むなかた近く県道495号線沿いにあります。

外観写真
外観写真
所在地 〒811-3502 福岡県宗像市江口800
電話番号 0940-62-3959 ※貸切は要相談となります。
営業時間 Lunch 11:00〜15:30 (L.o14:30)
Dinner 17:30〜21:30 (L.o20:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
火曜日・水曜日はランチタイムのみ営業
席数 36席(開放的な仕切りがないワンフロワーです。)
駐車場 有(ゆったり20台スペースあり)
カード 可 (VISA/MASTER/AMEX)